上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
(´・ω・`)れむ~ん

弓戦闘について書いてくれとリクエストを頂いたので簡単に、SSを用いて説明したいと思います。
ちなみに弓関連スキルが低ランクのエルフを対象としてるのでその点に注意してください。

まず、エルフの弓関連特性についてです

●弓矢が2本同時に撃てる
●レンジスキルの準備速度が速い
●レンジスキルの待機中・照準をつけている際に走って移動ができる
●馬・ダチョウに乗っての流鏑馬が可能(ただし、飛行ペットなどではできない)
●レンジの照準速度人間に比べて遅い(およそ2/3程度と記憶)
●レンジスキルのランクアップによる照準速度ボーナスが少ない
●レンジスキルのランクアップに費やされるAPが多い

今、思いつく限り挙げてみました。おそらくこんなものでしょう。

ここで、レンジスキルが低ランクのエルフは照準がかなり遅いことが分かるでしょう。
この段階で遠距離で安定して戦闘をこなすのは初めての人には厳しいものです。

そこで、レンジスキル全般の特性である、
攻撃対象との距離が近ければ近いほど照準速度が上がる」と言うことと、
エルフの「レンジスキルの準備時間が速い」ことを利用してやる方法があります。

これは「mabinogi wiki」などでよく「接射」と言われています。

この接射はスキルランクが高くなってもよく使用するのできちんと覚えておきましょう。

書いて字の如くですが、以下のSSを参照して下さい。

1.スキル準備をして対象にぴったりくっつき、気づかれないうちに第一撃目を撃ちこむ
2.矢を撃ったらすぐに対象をクリックして再度スキル準備(このとき、対象はのけぞり中)
3.十分に照準がついたら再度矢を撃ち、2に戻る


接射

ダンジョンで練習するときはゴブリン、スケルトンなどを一対一属性を持っている相手で試すことをお勧めします。
そして、接射の際の注意ですが、ナチュラルシールド持ちに対しては行わないようにして下さい
すごく痛い思いをします。現時点ではナチュラルシールド持ちに対してはIBカウンターで処理するとよいでしょう。
もちろん、対処法はこれだけではありません、ペットと共闘するなどしてこれを切り抜けることも可能です。
それらについては次回のTopic以降で説明したいと思っています。


練習や実践で、ヒット数による「敵のノックバック」がある場合もあるでしょう。
ノックバックすることで敵との距離が開き弓矢がヒットしなくなる確率が上がってしまいます。
そんなときは無理せずに敵がノックバックしてしまったらカウンター待機をしてIBカウンター(マナリフレクター持ちにはもちろんFBカウンター)につなげてあげましょう。
他人の中には、IBカウンターは時間がかかると言う人もいますが、私の考え的には、敵を素早く倒すことより確実に倒すことの方が重要だと思うのです。
しかしながら、自分に合ったプレイスタイルでプレイするのが一番ですので、このTopicは参考程度にしてもらえればありがたいです。

それでは、今回は以上で終了したいと思います。

スポンサーサイト
2008.12.06 Sat l Topic l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
ふむふむ
良い記事だーーー

おいらも弓士のようで弓士じゃないので、、、
超参考にさせて頂きますw
(接射苦手でいつもペット出してるし、、、
2008.12.07 Sun l じりぽん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://remuko.blog55.fc2.com/tb.php/15-99cfdfbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。